後期2日目の水泳教室を終えて

 

本格的な水泳療法で

喘息とサヨナラするための水泳教室

 

先ほど、今年度の後期

第2回目レッスンを終了しました。

 

 

中学生のベテラン生徒のお二人に

イルカ飛びと

ゆったりクロールの

デモンストレーションを

してもらったところ

 

初心者から中級者の皆さんも

とてもきれいに

イルカ飛びとゆったりクロールをしていました。

 

 

実は

このような運動こそが

喘息を軽減させる秘訣なのです。

 

 

レッスン後には

喘息に関する専門医師と

保健師さん、インストラクター

受付事務員の皆さんが一緒に集まって
カンファレンスを行ないました。

 

 

25年間にわたり、その積み重ねの中から
大きな成果を生んで来ています。

 

 

それ以前に行われていた

喘息児水泳教室の考え方と

時間/空間のデザインとを

まさにイノベーションしてスタートし

これまでに

 大きな成果を生んで来ました。

 


水泳教室のみならず

喘息児の転地療養事業である

サマーキャンプもまた

イノベーションの積み重ねでした。



両事業には

多くの専門医師、保健師、理学療法士

臨床心理士、素晴らしいインストラクターの皆様が

共に携わって

みんなで創りあげてきました。

 


これからも

アントレプレナーシップを柱に

新しい世界を

切り拓いて行きたいと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康