今年最後の普及活動

東京都自転車競技連盟では

私たち普及委員会が

 

「子供のための自転車学校」

 

レーシングスクール

「ケルメス」

 

「フレンドリーロードレース」

 

「トラックチャレンジ」

 

「パンプトラック自転車学校」

 

 

あるいは

「インストラクター養成講習会」

 

「大人のための自転車学校」など

 

多くの自転車教育イベントを開催してきました。

 

 

 

いよいよ明日が

  最後のイベントになります。

 

 

「シクロクロス自転車学校」を

小平市にある

ブリヂストン南グラウンドで開催します。

 

 

 

昨年の模様です

http://tcf-fukyu.jugem.jp/?eid=86

 

 

明日の準備も整い

ホッと一息ついています。

 

 

明日も、まだ

星が輝いている時間に千葉市を出発します。

 

参加者の皆様の心に響く

講習会にしたいと思っています。

 

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

リタイア後の不安は?

 

 

40歳以上の日本人が感じている

リタイア後の不安について調査した

アンケートでは

 次のような結果が出たそうです。

 

 

1番の不安は

「病気や介護状態にならないか」

 

2番

「資金が不足しないか」

 

3番

「毎日楽しく過ごせるだろうか」

 

4番

「配偶者に先立たれること」

 

5番

「再就職先があるか」

 

6番

「子供や孫に資産をどう残すか」

 

7番

「社会から孤立しないか」

 

 

これらの不安を解消するために

私たちは

 

できることを

どんどん行って

将来に備えておきたいですね。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:人生論

教える歓び

 

 

10月から復活した金曜日の水泳教室

 

 

今夜も

幼稚園児から小学2年生まで

6名の皆さん全員が

 

お母さんたちと一緒に

  参加してくれました。

 

 

マジメに話を聴いてくれて

 

真剣な眼差しで

デモンストレーションを見て
一生懸命に
マネようと練習に取り組む姿勢に
毎回感激です。
「今夜も良い仕事をしたな〜ぁ」
という
達成感に満たされながら
家路につく時間は
真の幸せに包まれた至極のひとときです。

 

 

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

資産とは?

 

 

かつて、ロバートキヨサキ著

『金持ち父さん 貧乏父さん』という本を

真剣に読んだことがありました。

 

(今は否定する面がありますが)

 

 

その中で学んだ1番のことは

「豪邸や高価なクルマを

資産と勘違いする人が多いが

それらは資産でなくて

負債(コスト)でしかない」ということでした。

 

 

つまり、価値を産まないものは
資産とはいえないということです。

 

 

人生50年は昔のことですが

現在の人生80年から

今後 人生100年が当たり前になる時代に備えて

 

私たちは
何が

自分の資産なのかということについて

しっかりと考えることが必要だと思います。

 

 

目に見える金銭的な有形資産だけを

つい

私たちは資産と考えがちですが

 

実は

そのほかに

数値化しにくい

無形の人生資産があります。

 

 

それは例えば

素晴らしい友人関係

 

やさしい家族

 

自分が持っている

高いレベルの知識やスキル

 

努力を重ねている

健康レベルなどだと思います。

 

 

人生の満足は

生涯を通じた深くて

強力な人間関係を

 

築くことができるかという要素も

大きなものであるように感じています。

 

 

 

JUGEMテーマ:人生論

未来への提言

 

セールス・フォース・マネジメント研究会

40周年記念誌が神谷書房から出版されました。

 

本のタイトルは『未来への提言』〜SFM研究会会員40年の研究成果〜

 

私の論文は、83〜94ページに掲載されています。」

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:人生論

TYC忘年会

 

 

実は東京ヨットクラブの忘年会に

初めて参加しました。

 

 

 

 

小島会長によるリーダーシップによって

素晴らしい運営が行なわれている

 日本を代表するヨットクラブです。

 

 

100名を超える参加者が参集した

盛大なパーティでした。

 

 

 

 

多くの船長から

これからも

 

それぞれの素晴らしい哲学を学びたいと

思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

SFM40周年

 

 

毎月

早稲田大学で開催している

セールス・フォース・マネジメント研究会

 

 

 

 

その40周年記念式典

懇親パーティが開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

のんびりと

 

 

窓辺で

冬の日差しを受ける果実を眺めている

 

こんな長閑な時間が

好きです。

 

 

 

 

 

 

自分へのメッセージ3

 

100歳の私から見た 現在の私へのメッセージ

 

 

◯年金制度なんて、破綻するんだから
 黙ってお金を産む『打ち出の小槌』を ちゃんと作っておかないとダメだよ。
 お爺さんの比護末松とお婆さんの比護キクの実績を見習ってね。

 

◯パソコン、TV、読書 、座っている時間が長すぎるよ。

 

◯自転車、水泳、ウォーキング、そしてウエイトトレーニングは
 きちんと日課に組み込んでくれないとダメだよ。

 

◯クロスカントリー・スキー(含むローラースキー)、サーフィン、ディンギーセーリングは
 シーズンスポーツでいいから、やっておいてね。

 

◯100歳まで健康長寿を一緒に楽しむ仲間を たくさん作っておいてね。

 

◯ねぇ、いつまでもヨーヨーダイエット繰り返してないで
 覚悟を決めて、目標を達成し、維持してよね。

 

◯アルコールコントロールは、本気で取り組みなさいよ。

 

◯食生活については、まぁまぁかなぁ〜
 知的に食生活をデザインしようね。

 

◯善行銀行には、だいぶ預金が貯まっているね。
 いざという時に使えるよ。

 

◯歯の健康は、とっても大事だから、抜かりなくネ!

 

◯時間は有限。
 本当にやりたいことを、自分の中で明確にして、躊躇しないで、やれよ。

 

 

※ 続く

 

 

 

JUGEMテーマ:人生論

娘の世代へのメッセージ

 

娘世代の未来を考えてみての私的メッセージ

 

 

〇日本は、人口減少社会に入り

 少子化と超高齢社会の進展がどんどん進む。

 

〇勤労人口に対する引退人口の割合=老年従属人口指数は

 1960年に10%だったのに、2050年には70%になる。

 

〇つまり、年金受給者1人に対して勤労世代が10人いたのに

 勤労世代10人で引退世代7人を支えなくてはならなくなる。

 

〇さらに、自分の老後生活に必要な資金を蓄えるためには

 毎年、収入の17%以上を貯蓄しなければならない。

 

〇当然、医療保険制度も、年金制度も成り立たなくなる。

 

〇もちろん65才で、仕事を引退する訳にはいかないし

 時代の変化に合わせて、改めて自分の専門スキルを磨くためには

 新たに学ぶことを繰り返し永続することが必要だ。

 

〇そのためには、時代の方向性を見極めるアンテナを立てる必要があり
 真に良い友人が、どれだけいるかということが、とても重要なファクターとなる。

 

〇平均寿命が100才を超えることを前提に

 長い人生における人生プランを個々人に合わせて構築しなければならない。

 

〇人生50年とか60年時代の旧いセオリーが、全く役に立たないことは、言うまでもない。

 

〇そういう意味でも、変化に対応出来ないタイプとの交友を疎遠にする必要がある。
 惑わされないためにネ!

 

〇人生が長くなれば、夫婦やパートナーとの関係は、より長期的なものとなるし

 その間により多くの変化を経験することになる。

 そこで、破局をさけるために、これまで以上に柔軟性が求められる。

 

〇単に人生が長くなっても

 それが幸せなものであり、有意義なものでなくては意味がない。

 

〇自分の人生は、何のためにあるのか。
 何をするために生まれて来て
 誰と一緒に、何をしたいのかを、早い時期に明確にすることが大切だと思う。

 

〇ちょっと勉強すれば判る未来を想像出来ずに、目先の票を追いかける政治家の発言や

 視聴率等を追いかけるCMスポンサーとの従属関係にあるマスコミには、絶対に惑わされてはいけない。

 

〇一番大切なことは、生涯継続できる自分ならではのビジネスを構築すること。
 ぜひ、起業しよう。

 

 

 

JUGEMテーマ:人生論