ポタリング / つくば りんりんロード


「昔、鉄道の線路だった所(筑波鉄道)が
 往復80kmのサイクリングロードになっていて
 とってもいいよ〜」

という話を以前から聞いていました。

ぜひとも行ってみたいと思っていたところ
11月15日(日)妻の兄に案内してもらって
妻と兄と私の3人で走りに行きました。

穏やかな冬の日に
紅葉が始まった雄大な筑波山を眺めながら
なかなか快適なポタリングでした。


♪筑波鉄道

筑波鉄道は、常磐線の土浦駅と水戸線の岩瀬駅を結んでいましたが
1987年3月31日に廃止されました。
ちょうど国鉄が廃止されたのと同じ日だったそうです。


土浦駅の近くに車を置いて、自転車を組み
午前11時にスタートしました。



♪藤沢休憩所で最初のトイレ休憩

かつて駅だった所が休憩所になっていて
ちゃんとベンチやトイレが設置されています。
なかなか、このような自転車道はありません。




旧常陸藤沢駅跡と旧田土部駅跡間の直線区間には
白い筒形の柱が立っています。

「なんだろう?」と話題になりました。

調べてみたところ・・・

これは国土地理院の精密距離比較基線場で
測量に用いる機器の精度を確認するものだそうです。
GPSを利用して正確な距離を測り出すためのものなんですネ。





しばらく走ると、小田城跡がありました。

鎌倉時代から戦国時代まで、この地に勢力を張った
小田氏の城跡です。

ここに遺跡が発掘されたため、サイクリングロードは
左に迂回していますが、かつての鉄道は
遺跡を貫いて走っていたそうです。

迂回路の隣を流れる小川が陽射しを浴びて
キラキラと輝いていました。




♪筑波駅跡

筑波駅の跡に到着しました。

ここは、コースのちょうど半分に位置しています。
やや長めの休憩を取り、補給食を食べました。

昔、ここが筑波山へ登るための拠点でした。

筑波山には2つの山頂がありますが
左側が男体山、右側が女体山で標高は877mです。


13時、真壁駅跡に到着。
この辺りは、その昔
宿場町として栄えた所で、石と蔵の町として有名な所です。

ここで市内を散策することにしました。
ちょうど、地元の商工会が主催するお祭りをやっていました。

お腹がすいていた私たちは
地元で採れた"じねんじょ"と新米を炊いたご飯
「とろろご飯」を食べました。200円でした。


さらに地元の薬味たっぷりの「うどん」が100円。


お腹いっぱいになり、再スタートです。
この辺りからは、風が追い風になって来ました。

一部、バイパスの歩道を走る場所があり
知らないと「サイクリングロードがなくなった!」
と慌ててしまいそうです。

この辺りは、やや路面の状態が悪いので
心配していたところ・・・
雨引駅を過ぎ、しばらく走った所で
私の自転車の後輪がパンクしましたので
スペアタイヤに交換しました。

今回は、うかつにも
耐パンク性能が高い練習用のタイヤでなく
決戦用のタイヤを履いていました。


14時、ついに岩瀬駅に到着。
トイレ休憩の後、Uターンしました。



復路、今度は妻の自転車の後輪がパンク!
もうスペアタイヤは、なくなりました。


太陽が西に回り、だんだん高度を下げています。

夕日が輝く中を「日没までに戻りたい」と思いつつ
向かい風に負けずに、先頭交代を繰り返しながら
走り続けました。


妻が着ているシステムUのウエアは、何故か?
犬に追いかけられやすいウエアで
これまでも、何度も犬に追いかけられました。

たぶん黄色と黒の縞模様が
動物の闘争本能を刺激するのでしょう。

今日も、およそ1kmにわたり、犬が息を弾ませて
追いかけて来ました。


夕方17時少し前
闇に包まれる前にゴール!

近くにあるスーパー銭湯の露天風呂に浸かり
ゆっくり疲れを癒してから帰路に着きました。


本日の走行距離:84km
本日の走行時間:4時間33分
平均速度:18.4km/h
最高速度:32.4km/h



ゆず湯



ゆず湯は、日毎に厳しくなって行く
寒さに備えるための冬のお風呂の定番ですネ。


「ゆず」の精油成分には
蜜柑の皮と同じように、血管が拡張して
血液の循環がよくなる血行を促進させる働きがあり
身体を芯から温める温浴効果があります。


新陳代謝が活発になり、疲れや痛みが取れるので
冷え性にも、とても効果があります。

寒い夜には、ゆず湯に入って
心も体も、たっぷり温まりましょう!


今、ゆず湯からあがった私は
"ぽっかぽか"です。

天皇陛下のご在位20周年のお祝い


天皇陛下のご在位20周年の佳き日にあたり
心からお祝いを申し上げます。

戦前のこと、昭和天皇が、将来を見つめられて
ご幼少の皇太子殿下(現在の天皇陛下)のご教育をお考えになった末に
民間から少年2人を、皇太子殿下のお遊び相手として重用されました。

その2人の1人が、私の母方の伯父/高田 満でした。


皇太子殿下のお遊び相手として選抜試験に合格した伯父は
既に決まっていた中学校から、夜間中学へと進路を変えて
皇太子殿下にお使えしました。

昼間は皇居で、皇太子殿下のお相手として
メンコ、ビー玉、ベーゴマ等
庶民の遊びを楽しんでいただいたり
卓球、公式・軟式テニス等のスポーツのお相手役を務めました。


現天皇陛下が、国民の立場に立った様々なご配慮をされているのは
そのような昭和天皇のご先見の賜物により
庶民感覚をご幼少の頃から身につけていらしたためと
甚だ僭越ながら、感じている次第です。


私の母/高田和子は、伯父のお弁当を届けるために
毎日、毎日、皇居に通っておりました。


戦後になり、昭和23年に母/和子は
父/智博と結婚し、翌年に私が産まれました。


「高田くんの妹さんに、お子さんが産まれたのか。」

「それは、おめでとう!」

と皇太子殿下が、私の誕生祝いとして
ご自身がお産まれになった時に、着られていた羽二重を
くださいました。

それが、この写真の羽二重です。





腰痛に効く温泉『鷺沼温泉』


首都圏にありながら、高い効能を誇る温泉があります。

そこには、昭和20年代の世界が・・
今も、残存しています。


その温泉は、銭湯なので
格安な料金で毎日のように入ることができます。


もの凄〜く腰痛に効きますよ。


10数年前に通い始めた頃

「腰痛とさよならできました!」
「良く効きますねぇ。」

と常連のお客さんたちに話したけれど
みんな「当然!」という顔をしていました。


この温泉は、ラジウム鉱泉。
ここの地下には、良いラジウムの鉱脈が通っています。

源泉の温度は、およそ18℃
薪を燃やして加熱しています。



番台のお母さん!
入浴料は、420円



ロッカーはなくて、昔ながらの藤籠です。



入口の様子


風呂あがりのビールは最高!



今夜のつまみは、大好きなカンパチ&つぶ貝の刺身です。




千葉の名湯「鷺沼温泉」

千葉県習志野市鷺沼1-14-15
電話:047-452-2523




世界の二酸化炭素排出量

 



このグラフを見ていると
さまざまなことを感じます。


日本は、国土が狭い割に
たくさんのCO2を排出しています。

同じ工業国でも、ドイツはずいぶん少ないように感じます。
ヨーロッパの国々は、全体に少ないですねぇ。

発展めざましい中国、インドは
これからも、どんどん増えて行くのでしょうネ。

他の途上国も、これからは
経済発展と生活の向上に合わせて
どんどんCO2が増えることと思います。


現在、地球規模で、1年間に増えるCO2の量は
146億トンだそうです。

今、私たち一人ひとりが、気候変動問題に
真剣に取り組まなければいけないですね。


日々の生活の中で
自分に何ができるのか??

考えてみたいものですね。







命日に 亡き父を想う



あの日は、寒い夜だった。

突然、私の前から去って行ってしまった父。

これから、どう生きて行ったら良いのか?
全くわからなかった・・・


「お父さんが倒れた!」

「救急車が到着して人工呼吸と心臓マッサージをしているけど
 駄目みたい・・」

「もう、助からないみたい」


電話の向こうで妹が、そう話していた。


信じられないまま
車を飛ばして帰宅した。

救急隊もまだ、いた。
近所のかかりつけ医もいてくれた。


父の身体は、まだ、温かかった。

何十分間しただろうか?
1時間、2時間かも知れない。

納得できるまで、妹に人工呼吸をさせ
私が、心臓マッサージを続けた。

しかし父は、私を残して永久に旅出ってしまった。


あれから20数年が経った。
昼間、墓参りに行って来た。

父が旅立った時刻の今、仏壇の前で
父と一緒に酒を飲みながら、聞きたかったこと
教えて欲しかったこと


語り合っている・・・



サイクリング指導者養成講座


高気圧に包まれて、穏やかな天気に恵まれた11月8日(日)

東京都自転車競技連盟の普及委員会が主管する
サイクリング指導者養成講習会を行いました。

9名の受講生にご参加頂きましたので
我々指導者5名で、全体を2つのグループに分けて実施しました。


午前8時に「葛西臨海公園」駅前に集合。

ブリーフィング、準備体操を行ってから一般道に出て
2段階右折などの練習をしながら
手信号や言葉による意思伝達等の基礎練習をした後
荒川サイクリングロードに入りました。


荒川河口から埼玉県戸田市にある荒川彩湖公園まで走りました。

安全に走るために、グループ内でしっかりコミュニケーションを重ね
先頭交代したり、パンク等のアクシデントへの対応を学びながら
11時30分に彩湖に到着しました。往路は53kmでした。


公園内でお弁当を食べた後、3つのテーマで講義を行いました。

「発育・発達に合わせたジュニア育成の重要性」
「自転車の運動効果」
「中高年が運動をする上の基本と運動中止のサイン」



帰路は、戸田ボートコース、荒川知水資料館に立寄りました。




また、北千住の宿場通りにある名物/槍かけ団子も食べました。



午後3時ころ「葛西臨海公園」駅前に帰着。

振り返りの時間を持ち、皆様から感想を述べて頂いてから
修了証の授与式を行いました。


修了証が、東京都自転車競技連盟 会長 橋本聖子名に
なっているのを見て、皆さん

「あの橋本聖子さんですか?!」

と驚いていました。


往復で100kmを実際に走りながら
とても充実した講習会となりました。

(写真提供:佐々木俊彦さん、松本 敦さん)








ヨーグルト&"きな粉"


ビフィズス菌が好むオリゴ糖を含む"きな粉"を
ヨーグルトに、たっぷりかけて食べました。


腸には、善玉菌、悪玉菌に分類される
細菌が存在しています。

善玉菌の代表はヨーグルトでおなじみの
ビフィズス菌や乳酸桿菌などです。

免疫力を高め、有害な菌を抑える働きをしてくれます。

ビフィズス菌は消化しにくい糖が好物。
それを摂取すると、乳酸と酢酸を作り出し
腸内を酸性に傾けるため、善玉菌が優勢になり
悪玉菌が増殖しにくい環境となります。

ビフィズス菌が好むオリゴ糖は
大豆、タマネギ、アスパラガス
ゴボウなどにも含まれています。




 

帆立と茸ご飯


椎茸、エリンギ、帆立の貝柱の炊き込みご飯をつくりました。


◯食材
 お米2合、椎茸大2個、エリンギ2個、帆立貝柱4個、イクラ

◯つくり方
 ご飯を炊く時に、水に大さじ3杯の酒を加える。
 塩少々と刻んだ昆布を入れる。
 その上に、好きな大きさにカットした茸と帆立を乗せて炊く。

 ご飯茶碗によそったら、今が旬のイクラを乗せて出来上がり。
 

冬瓜と鰯のツミレのスープで食べました。


美味しかったぁ!
 

一枚の写真

昨夜、携帯に入っている写真をパソコンに取り込みました。

たくさんの写真がありましたが
その中で一番古い写真が、これでした。


2006年8月12日(土)〜13日(日)に
神奈川県の平塚競輪場で行われた「関東選手権自転車競技大会」に
出場した東京都選手団の記念写真です。

みんなそれぞれ、賞状を手にしています。
前理事長の白井 滋さん、私と一緒に長く国体でメカニシャン
兼コーチを務めてくださった岡田 博さんもいます。


[東京都選手団]

監督:比護隆一 コーチ:岡田 博
成年:水澤耕一 駒井大輔 大村慶二 長井優斗
少年:大石祥雄 鳥海智大 園部来夢 松橋慶太郎
女子:濱田真子 和地恵美 智野真央

[レース結果]

1kmTT      駒井大輔=優勝   1’10”42
       大村慶二=4位

ケイリン    水澤耕一=優勝

スプリント  大石祥雄=3位

団体追抜   駒井大輔、大村慶二
            園部来夢、松橋慶太郎=3位  4’53”35

500mTT   和地恵美=優勝 0’39”22
           濱田真子=2位
            智野真央=4位

3km個人追抜   濱田真子=優勝
               和地恵美=2位
               智野真央=3位

スクラッチレース   濱田真子=優勝
                   和地恵美=2位
                   智野真央=3位

【総合成績】
   3位(24点)
  ※2位の神奈川県とは同点だが団抜の順位による。
 
【都県別得点順位】 
  1位 埼玉県  26点
  2位 神奈川県 24点
  3位 東京都  24点
  4位 栃木県  18点
  5位 山梨県  14点
  6位 千葉県  13点
  7位 新潟県   7点
  8位 茨城県   5点
  9位 群馬県   1点