♪anna's special neght♪

 
12月4日(fri)夜


中野坂上にあるハーモニーホールで行われた
三条アンナさん6年ぶりのライブコンサート



とっても素敵な時間と空間で
三条アンナさんの歌声が、心の中に響きわたりました。




Piano 森田 潔
Bass  谷口 正彦
Drum  山下 暢彦
Keyb  山崎 洋一





ゲスト出演された杉原 淳さんの
テナー・サックスも素晴らしく・・




一年の締めくくり
と言うには、少し早いかも知れませんが

心温まる特別なひと時を過ごすことができて
幸せな気持ちになりました。














台東区体育協会の「還暦祝」

 
12月3日(木)18時30分から
台東区体育協会創立60周年記念式典&祝賀会が
浅草ビューホテル「飛翔の間」で開催されました。




台東区体育協会は、陸上、水泳、自転車、サッカー、テニス
スキー、アーチェリー、柔道、剣道、弓道など
31種目のスポーツ団体で構成されています。

祝賀会には
来賓と各部の役員の皆さん合わせて
270名が集まりました。








私は、社会人になった最初の年から
台東区水泳協会のお手伝いを始め
2年目から理事に就任させていただきました。

水泳協会の諸先輩から
社会人としての様々な教育を
たっぷりと受けました。

感謝の気持ちでいっぱいです。


          <白いシャツとジャージ姿が私です↑>



20年ほど前から
自転車部の役員も兼任するようになりました。

10数年前には、自転車部の理事に
その後、自転車部長にご推挙いただきました。

さらに昨年の名称変更によって
台東区自転車連盟の理事長職を
微力ながら務めています。


<地元の小学校での「自転車学校」>



<都立高校での「自転車学校」>


<区民サイクリング大会>



♪台東区は日本の自転車競技発祥の地

何と、まだツール・ド・フランス(1903年〜)が
始まる前の1898年(明治31年)に
上野不忍池で、自転車レースが開催されました。

しかも、それは国際大会でした。

当時の自転車は、海外からの輸入品でしたので
それぞれの国の自転車メーカー所属のプロ選手が
宣伝用ジャージを着て、不忍池を周回しました。


(昔の不忍池↓)



♪台東区体育協会自転車部の歴史

昭和22年に始まった第1回都民大会をきっかけに
初代部長の月岡朝太郎氏により設立されました。


昭和26年5月に
月岡氏が理事長となって設立された
東京都自転車競技連盟の台東支部という形となり

翌年の昭和27年に台東区体育協会に加盟したことで
今日のような形になりました。

その後、月岡氏が日本アマチュア自転車競技連盟
東京都体育協会の要職を重ねたため

昭和39年1月に横尾 明氏が第2代目部長に就任しました。


その後、平成16年4月に
比護隆一が第3代目部長に就任しました。

2008年には
名称を台東区自転車連盟に変更しました。


♪これからの活動

地球にやさしい乗り物で
私たちの健康づくりにも効果が高い自転車・・・

もっともっと
自転車を楽しめる社会になるように
英知を結集して
貢献して行きたいと考えています。








モーニングコーヒー

 
早起きした朝は
ゆっくり
コーヒーを楽しみたいですね。



我が家のコーヒー豆は
浅草橋にあるコーヒー豆の卸問屋で購入しています。

世界各地の豆を輸入し
独自にローストしている店です。


たまにブルーマウンテンやトラジャも買いますが
普段は、その店のオリジナルブレンドか
スペシャルブレンドを愛用しています。


普通の商品は、完成品で販売されますが
コーヒー豆って、半完成品だと思います。


それぞれの人が
どうこだわって手間暇かけるかで

素材の持つ可能性を
最高に引き出せるかどうかが
決まるのではないでしょうか?

(スポーツ選手を育てるのと似ていますネ!)



おいしく飲むために
水には、こだわります。

近くにある防災井戸から
地下水をいただきます。


沸騰した後、温度が90℃以下に落ちたところで
一度、少しずつ、ゆっくりと注ぎ
豆にお湯を含ませてから約20秒間、蒸らします。


これで、コーヒーエキスが出易くなります。

(この時にポットに落ちたコーヒーは捨てます。)



その後、1杯分を入れる時は、1回でお湯を注ぎ
何人分か入れる時には、数回に分けてお湯を注ぎます。



最後に
あらかじめ温めておいたカップに
コーヒーを注ぎます。










夕陽が沈む

 
天気の良い日、夕方になると・・・

稲毛から検見川にかけての海岸には
大勢のカメラマンが、三脚を立て
夕陽が沈むところを撮影しようと列をなしています。


我が家からも
夕陽が見えます。




小学校時代に、担任の先生から

「太陽は東から昇り、西に沈む。」

と教わりました。


40才代になるまで
太陽は、必ず東から昇り
西に沈むものと信じていました。


ところが・・・

東京から千葉の海辺に越して来て
太陽が東から昇らず、西にも沈まないことを知りました。


私は、先生の言葉を鵜呑みにして
必ず真東から昇り、真西に沈むものと
ず〜っと、ず〜っと、信じていました。


我が家から、西に富士山があります。
(※コンパス方位)


夕陽は、冬は富士山よりも
ず〜っと南寄りに沈み

夏は、ず〜っと北寄りに沈む
ということを知って
ほんとうに驚きました。


当然ながら昇る時にも
冬は、南東寄りのところから昇りますし
夏は、北東寄りのところから昇ります。


言葉は、誤解を与えないように
正確に使わなくてはいけないですね。


今夜は、美しいお月様が
煌煌と天空に輝いています。






今日から師走ですね

 
12月になりましたネ。
今日も穏やかな天気になりました。

気象研究家の弊 洋明さんに聞いたところ
今年も、基本的に暖冬になるそうです。

未来のことが心配ですね。


私が住んでいるマンションでは
今年の秋から
初めての大規模修繕工事を行っています。


マンションは、ほぼ10年毎に
その性能を維持するために
更に付加価値を高めるためにも
大規模修繕工事を行います。

時々、少しでも先延ばしをして
経費を節減しようとする管理組合がありますが
それにより、建物の表面だけでなく
コンクリートの内部にまで劣化が進行してしまい
長い目でみると
かえって高いものについてしまいます。


ちなみに賃貸マンションの場合には
基本的に35年ほどで
建替えることを前提にしています。

したがって16〜7年くらいのスパンで
大規模修繕工事をするのだそうです。


先日まで建物の周り全てに足場が組まれ
ネットで覆われていたため
ベランダで洗濯物を干すことができませんでした。


その間、私も妻もヨット乗りなので
得意なロープワークを駆使して
ルーフバルコニーにロープを張り
洗濯物を干しました。


西部劇で、カウボーイが町の酒場に着くと
あっという間に、馬のロープを
店の前の丸太につなぎますよね。

子供の頃・・・

「ララミー牧場」「ローハイド」
「アニーよ銃をとれ」「ローンレンジャー」
「ライフルマン」などのテレビを観ながら

どうやって結わくのだろう??

と不思議でした。


解く時にも、ロープの端を
ひと引きするだけで、サッと解いています。


数年前に、調べてみたところ
"馬つなぎ"(テキサス・バウラインヒッチ)という結び方
だということがわかりました。


洗濯物を干す時には
その"馬つなぎ"を使って
まず片方の端を柵に結ぶようにします。

なにしろ簡単で
片手でも結べます。




もう一方は、"トラッカーズ・ヒッチ"で結び
ロープをピーンと張ります。



水を含んだ相当重い洗濯物を干しても大丈夫です。




良い天気が続き、一度結んだロープを
しばらく解かない場合には、"馬つなぎ"でなく
"もやい結び"(バウライン・ノット)を使います。

何しろ、"もやい結び"は
ロープワークの王様ですからネ。




先日、海側の足場がとれました。


やっと明るくなって・・・

今はロープを使うこともなく、元通りに
洗濯物を干すことができるようになりました。






東京都選手権ロードレース大会

 
11月28日(日)曇り 気温13.5℃

冷たい北風の中、伊豆の修善寺にあるサイクルスポーツセンターで
2009年東京都選手権ロードレース大会を開催しました。

A・J・B・C・Fの5クラスに分かれて
合計106名の自転車選手が参加しました。




Cクラスには、往年の名選手
橋詰一也さん(43才)がご子息と一緒に参加し
息子さんの橋詰 丈くん(13才)が第2位になりました。

頑張ったお父さんも第5位になり、親子で表彰台に登りました。

<クラスCのスタート風景>


※橋詰一也さんが活躍した1988年の第2回ツールド北海道


4年後、橋詰 丈くんは高校2年生

「東京国体の時には、ぜひ東京代表選手として
 活躍することを目指して、頑張りますので宜しくお願いします。」

と、親子で瞳を輝かせていました。



その昔、私が役員をしていたサイクルレーシングチーム"サーティワン"の
中心選手だった谷島啓之さん(46才)も、久しぶりにロードレースに復活??
ご子息の谷島 渓くんと一緒にレースを楽しんでいました。


東京都選手権大会とは、東京都のチャンピオンを決める大会。
最高峰のAクラスでは、順天堂大学/中尾圭祐選手が優勝しました。

しかし彼は、埼玉県登録選手のため
2位でゴールした(中尾圭祐選手にゴールを譲った)栂尾大知選手が
東京都チャンピオンの栄光に輝きました。


<赤い2本のライン/東京都チャンピオンジャージの栂尾大知選手>



自転車の事故を減らしたい!

 
日本の自転車保有台数は8千万台以上で
中国、アメリカに次いで世界第3位です。

一方、交通事故による死者の内
自転車利用者の割合は14%を占め
先進国の中で最も高いのが日本なのです。

フランスは4%で、英国も4%
アメリカは2%なのです。

なぜ、なのでしょうネ??


私は、道路を
自動車のために作り

交通ルールも
自動車のために作ってきた結果だと思います。


実際に自転車に乗らない人には
この話をしても
想像できないので、理解できないでしょうね。






紅葉の目に鮮やかな季節

 
日増しに・・寒くなって来ましたネ。

我が家のベランダから見える木々も
色鮮やかになって来ました。



寒い夜には
熱燗がいいですね♪



この徳利は、実は1つのものです。




苦しみや逆境を乗り越えてこそ
人間として成長するための"福"となります。

その人生の苦労や逆境は
宅配便のように、自分を指名して届きます。

苦労や逆境を糧として
自分を育てて行くことが、大切なことですよネ!


人生を山に例えると
陽が当たっている方が、表で、幸せな側面
影の側が、裏であり、苦しみの側面といえると思います。

しかし、この徳利がそうであるように
実際の人生は・・・表裏一体なのかも知れません。


私が好きなこの徳利は
そのことを、無言で、私たちに語りかけています。







万能汚れ落とし「アクリルたわし」

 
我が家では、毎日「アクリルたわし」を使っています。



ずいぶん前に、一度ブームを起こし
時代が去ったかのような「アクリルたわし」ですが
ここに来て、エコ志向が高まる中で
再び、スポットライトが当たっています。


「アクリルたわし」は
アクリル100%の毛糸で編まれた物で
食器洗い、シンクの掃除、レンジ周り、お風呂掃除など
幅広く使える"万能クリーナー"です。 

アクリルは、とっても細い繊維の集まりでできているため
そのミクロの繊維で汚れがかき落とされるわけです。
従って洗剤を使わずに汚れが落ちてしまいます。 

ギトギトのしつこい油汚れになってしまうと
少し力不足となりますが
日常使う食器の軽い油汚れくらいなら
洗剤を使わずにきれいになります。 

洗剤を使わないということは、水道代も節約できます。
水道水を作るのにも
たくさんのエネルギーが使われていますので
当然、CO2の削減にも貢献できるわけです。

川や湖や海にも、やさしいライフスタイルになります。


100円ショップで購入するアクリル毛糸1つで
「アクリルたわし」を3つくらい作ることが可能です。

我が家では、このところ
妻が、たくさん「アクリルたわし」を編んでいます。


狭い所に威力を発揮する細い「アクリルたわし」も作りました!






恩師の米寿お祝





私が、大人としての第一歩を踏み出して
まだ間もない頃のこと、世間知らずの時に
恩師である田中由多加先生のマーケティングゼミを受講し
ご指導を賜りました。

2年間にわたって先生は
私たちを温かく、やさしく育ててくださいました。


その田中由多加先生が、今年88歳の米寿を迎えられました。

そこで昨日、私たち門下生が一同に会して
大隈会館で盛大な祝賀会を開催いたしました。



先生には、健康に留意していただき
ますます人生を満喫して頂きたいと心から願っております。